太陽光発電、ソーラー発電とはどういうものか

そもそも太陽光発電またソーラー発電と言われているのはどのようなものなのでしょうか。
太陽光発電とは太陽の光エネルギーを直接電気のエネルギーに変換するものです。
太陽のエネルギーはすさまじいものです。
石油などと違い太陽エネルギーは尽きることのないエネルギーです。
火力発電の石油や原子力発電のウランなどのエネルギーを枯渇性エネルギーと呼ぶのにたいして太陽エネルギーは再生可能エネルギーと呼ばれているのです。
風力地熱、水力、バイオマスなど他にも再生可能エネルギーはありますが太陽光はそれらとは桁が違うエネルギーがあるのです。
太陽光は大幅な発電コストの低下が期待され住宅用としてもそれ以外の用途でも期待されています。
風力発電は相対的に発電コストが低いので事業としての採算性が高いとされています。
地熱は安定的な発電が可能です。
日本はこの地熱発電の可能性も十分と考えられています。
バイオマスエネルギーとは生物を利用したエネルギーです。
豊富な種類があるのが特徴です。
ソーラー発電は太陽電池に光が当たることで発電します。
でも電池とはいえ、蓄電の機能はついていません。
発電機のようなものです。
発電には半導体が重要なカギを握っておりそのため半導体産業の技術が活発な日本で太陽電池の生産や導入が盛んなのです。
日本の太陽光発電の導入量は増え続けています。
震災以降、エネルギーに対する関心が高まっています。
その中でももっとも身近で大きな可能性を秘めているのがソーラー発電なのです。
日本はこのソーラー発電で高い技術力を持っています。
自分の住宅がどのくらいの電力を使っているのか、ソーラー発電を取り付けた場合にどのくらいの採算性があるのか事前によくチェックしてから太陽光発電を検討したいものです。
安全で環境にやさしい太陽光発電を導入することで家族で話し合ったり、より節電に対する意識が深まるのです。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>

Comments are closed.