太陽光発電の設置前の調査とは

太陽光発電を設置しようと思い立ったらどのような流れて実際に太陽光発電を使えるようになるのでしょうか。
設置を決めたら施工業者に見積もりなどを依頼するようになります。
同寺に調査も行います。
ポイントはこの時に一社のみにお願いするのではなく数社に依頼してその中から選ぶのがお勧めです。
調査ではいくつかのポイントを調べてその結果をもとに費用や設置工事などの見積もりを出してもらえます。
まずは日照条件です。
日照条件がどのくらいかで太陽光発電を設置するメリットがあるかどうかがずいぶん変わってきてしまいます。
またパネル設置に適した屋根の面はどのくらいあるかも大事なポイントです。
屋根の向きなどもその後の発電量に大きくかかわってくるのです。
もちろん最も適しているのが南向きの屋根です。
とはいえ、東向き、西向きの屋根でも発電することができます。
さらに屋根の強度もチェックが必要です。
十分な強度がない場合には基礎工事も必要になってきます。
同じように屋根の素材も調べます。
劣化がすすんでいる場合もまず屋根の工事から入らなくてはいけない部分があります。
さらに家屋自体の強度も調べます。
重いソーラーシステムを屋根に取り付けるので家屋自体にも十分な強度が必要です。
雨漏りがないかどうかもチェックポイントです。
太陽電池を取り付けた後は雨漏りの修理も大変な作業になってしまうからです。
パワーコンディショナーの設置位置や配線も大事場チェックポイントです。
設置位置で利便性の高いところはどこか調べます。
工事が安全に行われる環境かどうか作業条件の確認も行われます。
こういったチェックを行うので設置をしたい方は家屋の設計図などの図面電気料金の領収書などのデーターを事前胃に用意しておくと便利です。
業者からの見積もりがより正確なものとなります。
業者はそれに基づいて見積もりを出します。
パネルのメーカー、何枚必要かなどの詳しい部分まで出してもらえます。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>

Comments are closed.