大阪の太陽光発電を考える

昨年の東日本大震災以来、いろいろと言われるようになったのが自然再生エネルギーです。
この再生エネルギーには、太陽光発電を始めとして風力発電、バイオマス、更には地熱発電などと言われるのです。
しかし風力発電とか地熱発電などは、場所なども限られることから思うように設置が進まないのです。
そんな時以外と手軽に手に入れることが出来たのが、太陽光発電でもあったのです。null
実際において、工場のような大きな施設でもこの太陽光発電が進められているのです。
また一般家庭においても、180万円から230万円程度の投資で可能と言うことで設置が盛んになっても来ているのでした。
これらは、国や地方自治体からの補助金があることも大きな理由となっているようです。
100%の投資額が回収出来なくても、大きな金額の回収が見込むことが出来るのです。
そんな時、大阪でもこの太陽光発電が進められているのでした。
太陽光発電には、日照時間が多い方が良いとされています。
大阪は特別日照時間が多い街でもありませんが、全国的には上位に存在しているのです。
その日照時間は、全国平均レベル以上に達しています。
ですから、日照時間が不足すると言うことはないようです。
奈良や京都よりも日照時間は多くなっているのでした。
ただ大阪は一軒当たりの発電量が少ないのです。
他県では、発電量の伸びが大きいのですが、大阪ではさほど伸びていないのです。
これは家屋、屋根が小さいためなのでしょうか。

Comments are closed.