京セラの太陽光発電

京セラは日本で最初に住宅用の太陽光発電を手掛けたメーカーです。
1975年に太陽光電池の開発を始めました。
そして現在でも主流になっている多結晶シリコン太陽電池の量産に成功しました。
そして1993年い日本で初めて住宅用の太陽光発電システムの販売をはじめた日本での住宅用太陽光発電のパイオニアと言えます。
より多くの太陽電池をより美しく搭載するというコンセプトで人気を得ています。
京セラの太陽光発電の特徴は材料であるシリコンなどを作るところそして最後にソーラーパネルを作り上げるまでの過程をすべて自社で行っているところです。
多くのメーカーがそれらを外部発注している中で京セラの部品や材料に対するこだわりがうかがえます。
こうして内部での生産、品質管理がしっかりしているため、より向上した材料の制作に取り組め、長期間効率よく発電できるシステムを作り上げているのです。
信頼できるソーラーパネルが特徴です。
長期連続試験という太陽電池の耐久性を測る試験で京セラは太陽電池業界で初めて認証を取得しているという話もあります。
1984年に建てられた京セラのセンターの太陽電池は現在も発電を続けていることも京セラのソーラーシステムの丈夫さをうかがえるエピソードです。
またその自信のあらわれか業界初のソーラーシステムの10年保証に取り組んだ企業でもあります。
保障期間が長いのは消費者としてはとてもうれしくメーカーを選ぶ基準になることです。
さらに京セラのソーラーシステムは見た目の美しさでも定評があります。
サイズが違うタイプのパネルを組み合わせて少しの隙間でも効率よく設置していくことができるサムライというシステムやベーシックで広い面の屋根に設置して見た目も美しく整えるエコノツール、太陽電池そのものを屋根の材料として一体化させている審美性も高いシステムヘイバーンなどきれいに太陽光発電を利用できると言うメリットもあるのが京セラです。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>

Comments are closed.