太陽光発電の工事までの流れ

太陽光発電を取り付けをお願いする業者が決まったらいよいよ工事です。
工事は大きく分けて太陽電池モジュールなどの機械を取り付ける機械設備工事と機械の電気配線を行う電気配線工事に分けられます。
機械設置工事は屋根に太陽電池モジュールを設置するための架台の取り付けをまず初めに行います。
その後、架台の上にモジュールを取り付け、直流電気を交流に変換するパワーコンディショナーの取り付けます。
次に発電量や環境への負荷等を数値で表示するためのモニターと、電力量計の取り付けも行います。
一方配線工事は太陽電池アレイから接続箱からパワーコンディショナ、分電盤への電気配線を行うのです。
すべての工事が終了後に施工業者は竣工検査を行います。
家主は取扱説明をしっかり聞きます。
設置工事は専門的なもので設置者はよく分からないことも多いと思いますので事前に工事のチェック項目を一覧表にして部品の配置や接続について確認するようにしましょう。
竣工検査もとても大事です。
システムの操作方法をあいまいにしないためにもわからないことがあったら納得いくまで説明を受けることが大事です。
その後、余った電力を電力会社に売ったり足りない電力を電力会社から購入するための電力需給契約を結びます。
それと同時に施工業者の立ち合いで太陽光発電システムが正常に動くかどうか確認する連系立ち合いと呼ばれるものを行います。
この契約が終われば自宅で発電開始です。
モニターを見てどのくらい発電しているのか確認します。
そして施工業者からメーカーの保証書をもらいます。
メーカーからの保証書だけでなく施工業者が出している保証書もありますので大事に保管していざという時に備えます。
国の補助金や住んでいる地方公共団体に太陽電池の補助制度がある場合があります。
しっかりチェックして申請を忘れないようにしましょう。
太陽光のクリーンエネルギーでの生活のスタートです。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>

Comments are closed.