太陽光発電を導入したい理由

太陽光発電は初期投資にかなりのコストがかかります。
でも近年この太陽光発電は大きな注目を集めていて多くの方が自宅に導入をしています。
それは環境面と経済面の両方で大きなメリットがあるからです。
地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出量を削減しようとする動きは世界中で始まっています。
太陽光発電のいいところは温暖化に大きくかかわる二酸化炭素を一切排出しないところです。
太陽光発電の原料の採掘製造、輸送などで排出される二酸化炭素も石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料による火力発電と比べてもずっと小さいのです。
環境を悪化させるのは二酸化炭素だけではありません。
硫黄酸化物や窒素酸化物などの環境汚染物質も発生させることがありません。
それに太陽光は無尽蔵なエネルギーです。
石油や天然ガスはいつか取りつくしてなくなってしまうと言われて心配されていますが太陽の光だけはそのようになくなる心配がありません。
太陽がなくなる時には同時に地球もなくなっているでしょう。
資源が乏しい国にはまたとない注目のエネルギーが太陽光なのです。
また太陽光発電は経済的にもたくさんのいいところがあります。
太陽の光は無償です。
洗濯物を乾かすのも乾燥機だと費用が掛かりますが日光で乾かせば無料で気持ちよく乾きます。
そのように無償の太陽光を活用して電気を作れば昼間晴れた日には電気を自宅で賄えるのです。
さらに余った電気を電力会社に売ることができるのです。
そうして初期投資である設置コストを回収することができるのです。
さらに節電効果も期待できます。
一般的には太陽光発電システムには買電メーターと売電メーターが取り付けられています。
これを見るのが楽しみになってくるのです。
どのくらいの電力を使っているのか、どのくらい売れたのかを毎日確認することで節電にたいする意識が高まり、電力をできるだけ使用を控えてよりたくさん売却しようという気持ちになるのです。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>

Comments are closed.