大阪のような商売の街で、太陽光発電を導入したい理由

個人事業主で商売をしていると、法人ほど頻繁ではありませんが、税務署の税務調査が来る事があります。
うちはたいして利益を上げていないからとか、規模が小さいからとか、関係なくやってきます。
私自身も、少し前に入られましたが、店舗兼住宅で建物の事業割合が7割なので、案分計算で7割分の電気、ガス、水道を経費にして計上していたことを指摘されました。
小売業なので、ガスで動いている事業に対するものは無いだろうと言われ、3年分さかのぼって、ガス代の分の税金を持っていかれました。
しかし、電気の場合、照明やエアコンなどよく使うので認められました。
こうやって、税務署も認めるくらい、商売では電気を使いますよね。
null飲食業でも、小売業でも関係ないくらいです。
ですから、大阪のような商売の街でこそ、太陽光発電が必要ですよね。
だって、大きくかかる経費が、かからなくなるわけですからね。
さらに、賢いやり方としては、太陽光発電導入ローンを利用することです。
エコのブームもあってかほとんどの銀行が、用意してくれています。
太陽光発電の場合、節電高価と電気を売るという事で、ローン金額の一部や、うまくいけば利息も相殺できるので、非常に効率がいいといえます。
電灯やエアコンなど、避けられない経費を抑えられる上に、ローンならまとまったお金を用意する必要も無いので、これほど効率のいいものは無いですよね。
もちろん、一般家庭でもオススメですが、大阪のような商売の街で、商売をしている場合、特に検討したいですね。

Comments are closed.