太陽光発電の値段を考える

東日本大震災から福島原子力発電所の事故にいたり、多くの人は原子力に頼る電気ではなく、自然再生エネルギーと言われる太陽光発電に切れ換えた方が良いと考えたものでした。
ですが現実では、その交換費用も高いことから諦める人も出たのですが、国や地方の協力もあり、収支がトントンになるくらいまでになったと言うこともあり、この太陽光の発電に切り替えた人も多くあったようです。
しかし、また更なる電気料金などの値上げなどもあり、また一つ悩みも多くなっているのも太陽光発電の現実とも言われているようです。
この太陽光発電、まず屋根に取り付けるモジュールで熱の変換を行なうのです。
そして接続箱と呼ばれるところに、電気を集約してパワーコンディショナーに送ります。
ここで家庭用電気に変換し、分電盤にそしてコンセントへ送られる仕組みなるのです。
設置費用は、大きさにもよって変ってきますが、1kWあたり41万円~50万円という目安になるのではないでしょうか。
そんなことから値段はおおよそ、150万円前後から200万円前後と言う例が多いようです。
今では、国や地方自治体の補助金もありますので、上手に活用することで、これらの費用は賄えると言う試算もあるのでした。
更には売電と言う方法も取られていることから、余った電気を上手に売ることで更にプラスの試算も出来ることになるのでしょう。
いずれにしても、太陽光からの電気は、停電と言うこともなく、また石油の値上がりにも関係ありません。
自然を利用したクリーンでエコなエネルギーなのです。

get( 'keyword', 1 ) ?>
get( 'comment', 1 ) ?>

Posted in 大阪で発電しませんか